博多華丸、闇営業問題で「ぴりりとしますが、最後は笑って終わるでしょう」

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉の華丸(49)が21日、東京・神田明神で行われた舞台「めんたいぴりり~未来永劫編~」(東京・明治座、9月22~29日)のヒット祈願に出席した。

 所属する吉本興業で闇営業問題で謹慎していた芸人11人が19日に処分が解かれ、公演で随時復帰しているが、一連の騒動について「ぴりりとしますが、最後は笑って終わるでしょう。みんな一生懸命、目の前のお客さんを笑わせるために頑張ってますので」と話した。

 舞台は福岡・博多の辛子明太子作りに情熱を注ぐ夫婦の物語で、2015年の福岡公演を経て東京で初公演。華丸は妻役を演じる女優、酒井美紀(41)に「キュートなおかみさん」と信頼を寄せ、酒井も「お父ちゃんがお父ちゃんにしか見えない」と“夫唱婦随”ぶりを見せていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ