吉本謹慎芸人、処分解除前に謝罪行脚へ!くまだまさし&HGら6人

 反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題で、19日に謹慎が解ける吉本芸人11人のうち、くまだまさし(46)、ガリットチュウ・福島善成(41)、レイザーラモンHG(43)、天津・木村卓寛(43)、スリムクラブの6人が、16日に関西で謝罪行脚することが14日、分かった。

 複数の関係者によると、彼らが謹慎処分前に出演予定だった吉本興業が運営する大阪・なんばグランド花月、同・よしもと西梅田劇場、京都・祇園花月の3劇場を訪問し、迷惑をかけた劇場関係者や吉本スタッフ、先輩、後輩芸人に直接会って謝罪するという。

 また、11人のうち謹慎解除後、最も早く仕事復帰するのが、くまだ、スリムクラブ、2700であることも分かった。3組は、東京・新宿のルミネtheよしもとの19日昼公演で“みそぎ”ステージに立つ。

 これまで調整中だったムーディ勝山(39)とストロベビー・ディエゴ(41)の復帰公演はルミネtheよしもとの19日夜公演に決まり、残るはHGの復帰公演のみとなった。

 11人は、先月末から社会奉仕活動の一環として東京都内の繁華街で空き缶拾いなどを始めている。仕事復帰後も当面は続ける意向という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ