おばたのお兄さん、SNS呼びかけで財布見つかる ネット「良かった!と思う反面…」

 お笑いタレント、おばたのお兄さん(31)が13日から14日にかけて自身のツイッターを更新。紛失した財布が手元に戻るまでの経緯を明かした。

 おばたが財布を紛失したのは13日。千葉県の浦安市運動公園総合体育館で「財布を地面に置き、動画撮影をした際に忘れてしまい戻った時にはありませんでした」と説明。防犯カメラで拾った人物が確認できたことから、「僕のインスタグラムかツイッターのメッセージでご連絡頂きたいです!」と呼びかけた。「拾ってくれたあなたに届けー!」とのコメントも添えたこともあり、このツイートは一気に拡散。4000件以上リツイートされた。

 それから約9時間後、14日に日付が変わった頃に「財布戻ってきました!」とおばたが報告。「皆さんのリツイートなどの発信が、拾ったご本人に届いたみたいです。本当にありがとうございました!」と感謝した。おばたは拾った人に直接会って財布を受け取り、その人の了承を得たとして経緯を説明。それによると、財布を拾った人は「ラッキー」と思ったが、免許証を見ておばたの財布だと気づいたという。おばたのSNSでの呼びかけを見て後悔し、連絡をしたとのことだった。二人は別れ際、「SNSって、すごいですねぇ」という会話を交わしたことも明かされている。

 無事、財布が戻ってきたことで、返信欄には「手元に戻ってきて良かったです!!!」など、安堵の声が多数寄せられた。「SNSで呼びかけて良かったですね」「本当に良かったね!SNSすごーい」と、情報の拡散によってもたらされた結果を喜ぶものも。「落とされた近所に住んでいるので、すぐにリツイートさせていただきました」「リツイートした甲斐がありました」と、協力についてのコメントもあった。

 一方で、「良かった…!と思う反面、この文面を見る限りもしも持ち主がおばたのお兄さんじゃなかったら拾い主さんはどうしちゃってたのかしら…とも考えてしまいます」と財布を拾った人が、いったんは持ち帰ったという事実を重く受け止めたコメントも見られた。「拾った人が『今後はちゃんと届けよう』と改心してくれたら尚良いね」と願うものも。

 おばたにも「次から気をつけましょうね」「所帯持ちなんですし、住所わかっちゃう物も入っている可能性ありますし、くれぐれも財布を地面に置いて忘れないようにしてくださいね…」と、注意を促すコメントが寄せられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ