たむけんが謹慎芸人11人にオファーを宣言も、宮迫は「まだ早い」

 落語家、月亭方正(51)とタレント、たむらけんじ(46)が12日、大阪市内で2人がプロデュースする野外大型イベント「大阪パフェ」(11月9、10日、万博記念公園)の開催発表会見を行った。

 「音楽」「お笑い」「スポーツ」「グルメ」「子ども」の5つを軸としたイベント。お笑いライブの出演者にはレイザーラモンRG(45)がピンで名を連ねており、闇営業問題で謹慎している相方、レイザーラモンHG(43)ら19日で処分が解ける11人について、たむけんは「もちろんHGも呼びます。スケジュール空いているのであれば全員に声を掛けます」と宣言した。

 しかし、親交の深い、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)については「宮迫さんはまだ早いでしょ? もうちょっと反省してもらわないと」。続けて「2、3日前に連絡しましたけど、ボランティアとかやるべきことが分かっているのでスッキリした感じでした」と近況を明かした。

 小学生を対象にしたスポーツ教室には「(サッカーのスーパースター)メッシから声を掛けていって、下がっていけばどこかで引っかかるやろ? メッシ呼ばれへんくても、ディエゴは呼びます」と、こちらも謹慎処分となっているお笑いコンビ、ストロベビーのディエゴ(41)の名前を挙げた。

 吉本興業は8日の「経営アドバイザリー委員会」で「専属エージェント契約」の導入を決定したが、方正は「エージェント契約とか欧米のことが分からない。欧米のことは頭に入ってこないんですよね」と従来通りのマネジメント契約を選択する見通し。

 たむけんは「僕が芸人として唯一もらった賞が『爆笑BOOING』の『キダ・タロー賞』。キダ・タロー先生だけが僕の笑いを認めてくださったので、昭和プロにエージェント契約させてもらおうと思っています。浜村淳さんもいてます」と冗談でけむに巻いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ