田村淳、吉本残留の加藤浩次に「賛否あるのでしょうが…僕は感謝しかない」

 お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が9日、ツイッターを更新。吉本興業に専属エージェント契約を提案し、同社に残留する意向を示したお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)への感謝を記した。

 所属芸人の闇営業騒動に揺れる吉本興業の社内改革を目的とした経営アドバイザリー委員会の初会合が8日に行われ、日本の芸能事務所初の専属エージェント契約を導入することが明らかにされた。

 吉本の上層部が退陣しなければ、退社すると示唆していた加藤は9日の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)で、専属エージェント契約について「これは僕が思いつきました」と明かした上で、同社に残留する意向を表明。「加藤浩次、言ったことを実行しねーのかと思う方もいると思います。そういった迷惑かけた人たちに本当に謝罪したいと思います。本当すいませんでした」と頭を下げていた。

 田村は「感謝」と題してツイッターを更新し「極楽とんぼの加藤さんがいなければ、ここまで、吉本興業は変わってないと思います。加藤さんの行動に賛否あるのでしょうが…僕は感謝しかない」とつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ