もともと吉本退社のつもり!? “造反”加藤浩次の皮算用… 田村淳の「辞めない」発言に「僕は2回目の会談まだ」

 お笑い芸人の闇営業問題に端を発する吉本興業の内紛。極楽とんぼの加藤浩次(50)が経営陣の退陣を迫ってぶち上げた“加藤の乱”は鎮圧され、粛清を待つのみとの見方もある。一方、闇営業による金銭受領で相方が謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)は1日、会社を辞めることは「ありません」と“吉本残留”を明言。吉本芸人の行方は混沌としてきた。

 相方、田村亮(47)が闇営業の金銭受領で謹慎中のロンブー。キャラクターマネジメント会社「株式会社がちキャラ」設立会見に出席した淳は、会見の中で複雑な心境を明かした。

 「ロンドンブーツも守りたい、でも吉本にもいたい。僕の中で岐路に立たされている」

 当初、淳は“加藤の乱”に触発され、加藤に同調する様子だったが、吉本に残って相方を待つことで腹は固まったのか。

 淳は会見冒頭で「5時間半かからないようにします。念のためテープはしっかり回してください」と先の岡本昭彦社長(52)会見をいじる場面もあった。

 これに対し、加藤は2日朝の「スッキリ」(日本テレビ系)の生放送で、「発言しづらいこういう時期に、社長のグダグダ会見を笑いで回収した。そもそも今テープなんてないからね」と、笑いに変えて淳を思いやった。しかし、残留志向の淳に対し、自身の進退については、「2回目の大崎(洋)会長との会談というのはまだできていない状態」「1回目で平行線で終わった段階で、まだ2回目僕できていないんで、僕のことはまだあとでいいです」と、現在の状況を明かした。

 加藤の今後について、民放関係者は、「大崎会長との1回目の会談後、クールダウンしたのか、番組内での発言で騒ぎが大きくなったことを謝罪、“加藤の乱”は鎮静化したと見られている。ただ一部で大崎会長が反旗を翻した加藤に対し『絶対に許さない』と激怒しているとも報じられ、最終的には加藤は吉本から放逐されるとの見方も広がっています」と明かす。

 一方、もともと加藤は吉本を退社する意向であったとの見方も。

 「退社発言は怒りにまかせて、後先考えずしたところもあったが、『めちゃイケ』組はダウンタウンの松本人志(55)とも距離を置いてきたわけで“非主流派”であることは間違いない。そんな立ち位置でやってきて、相方のことも含めて会社に対する不満はずっと抱えてきたわけですから」と演芸関係者はみているが…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ