キリマンジャロ挑戦の岩本アナ、川添アナから「『登れませんでした』はありえませんよ」

 アフリカ最高峰、標高5895メートルのキリマンジャロ登頂に挑戦する大阪・ABCテレビの岩本計介アナウンサー(43)とお天気キャスターの正木明さん(58)が3日、生駒山(642メートル)で練習登山を行った後、取材に応じた。

 同局朝の情報番組「おはよう朝日です」(月~金前6・45)の40周年企画として、5月にキリマンジャロ(タンザニア)への挑戦を発表。その後、2人は関西の山々への練習登山を行っており、今回が6度目で最後の登山。午前7時半に近鉄生駒駅を出発して山頂まで登ってきた。

 今月23日の出発を控え、岩本アナは「キリマンジャロが決まったときは楽しみばっかりで、練習登山が始まったときもウキウキしながら登ってたんですけど、8月に入ってからは不安の虫がムクムクと湧き上がってきて、今はひたすら不安ですね」と本音を吐露。「キリマンジャロの山頂到達率は50%だそうで、登山の心得がある人でも半分の人は登れないという山に、素人に産毛が生えたぐらいの2人が挑戦するんです」と弱音を吐くと、正木さんは「2人のうちのどっちかしかが登れない!?」と自虐的な言葉を漏らした。

 それでも、58歳の正木さんが「もう行くしかない。あとは、自分の体が持つかどうかだけなんで、気持ちは頂上です」と力強い決意を語れば、ABCきっての肉体派・岩本アナも「大勢の方々の思いも背負ってますから、もうやるしかないですね」ときっぱり。「週に1回、趣味のウエイトトレーニングで下半身をいじめ抜くというのを自分には課しています」と明かした。

 今回のキリマンジャロ登頂は、スタッフも含め7人での挑戦。9月9~12日の4日間にわたり、番組内で放送される。この日の会見で司会を務めた川添佳穂アナウンサー(28)から「『登れませんでした』はありえませんよ」とハッパをかけられた2人。キリマンジャロを制覇したときにやりたいことに、岩本アナは「キリマンジャロコーヒーは飲みたいですね」と目を輝かせ、正木さんも「現地は登山のときには紅茶を甘くして水分をとるんですって。だから、あえてそこでコーヒーを飲みたいですね」と同調していた。

 キリマンジャロは山頂に「神が宿っている」と言われる。そのため、山頂に到達した際には、大きな旗を振って、その瞬間を証拠として残しておくという。2人は「挑戦」の文字が入った旗を携え、山頂を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ