「アメトーーク!」「ロンハー」10月以降継続、タイトルも変更せず

 テレビ朝日は30日、闇営業問題で吉本興業から処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)がそれぞれコンビでMCを務める「アメトーーク!」(木曜後11・20)と「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)の10月以降の番組継続を発表した。

 同局は文書で「基本は現在の形態のまま、演出面を強化して放送を継続、営業活動も行って参ります」と明言。「ただ事態が流動的な面があるため、吉本興業、関係先と協議しながら対応して参ります」と説明した。番組名は変更しない。

 6月の問題発覚以降、スポンサー企業がCMを差し替えるなど影響が広がったが、2番組はそれぞれ2人の出演部分をカットして放送中。テレ朝は2日の定例会見でも継続を明かしていたが、その後、吉本が宮迫との契約を解消。一時は謝罪会見を受けて撤回されるも、宮迫の新たな疑惑を受けて、吉本が撤回の再検討を表明するなど混乱は続いている。

 だが、関係者は「(2番組は)テレビ朝日の象徴的なバラエティー。『続けてほしい』という声の方が圧倒的に多く、その声を大事にしたい」と説明。一方、騒動が収束した場合の宮迫と亮の復帰には、「分かりません」とした。

 また、同局は吉本興業ホールディングスの株主としてコンプライアンス遵守の体制強化と、それを可能にするガバナンスの徹底などを求める申入書を26日付で吉本へ送付したことも発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ