日テレ社長、加藤浩次の降板否定 「イッテQ」祭り企画は条件整えば再開

 日本テレビの小杉善信社長(65)が29日、東京・東新橋の同局で就任後初の定例会見を行い、芸人の闇営業問題から端を発した吉本興業の騒動について語った。

 極楽とんぼの加藤浩次が「スッキリ」で吉本退社を示唆したことについて「賛否さまざまな意見をいただいている。仮定の話をどう考えるかを申し上げる段階にはない」と説明。降板の可能性は「全く考えておりません」と否定した。さらに吉本に対して26日付で早急な事実関係の確認などを文書で求めたという。

 一方、祭り企画でのやらせ疑惑が報じられ、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会から「放送倫理違反があった」と指摘された「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)について「条件が整ったところで企画は再開するつもり」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ