日テレ、加藤浩次の退社宣言に「さまざまな意見」

 日本テレビの小杉善信社長(65)が29日、東京・東新橋の同局で就任後初の定例会見を開催。吉本興業の芸人の闇営業問題について、26日付で同社へ文書で申し入れをしたことを明らかにした。

 小杉社長は「かなり早い段階で岡本社長が来社された折り、日本テレビの立場として申し上げた。その後、いろいろな要素が入り込んできて、本質がだんだん見えにくくなったということで、書面で申し入れをした」と説明。内容については、(1)第三者委員会を設置して早急な事実関係を確認してほしい(2)反社会的勢力との関係を遮断する施策を速やかに公表してほしい(3)企業としてのガバナンスを徹底するための方策を示してほしい-の3点と明かした。

 また、朝の情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・0)で司会の極楽とんぼ・加藤浩次(50)が経営陣の辞任を求めて退社宣言したことには、「加藤さんの発言に関しては賛否、さまざまな意見をいただいている。加藤さんが言われたのは経営陣が辞めなければ吉本を辞めるということだったので、それに関しては仮定の話なので、仮定の話をどう考えるかは申し上げる段階にはない」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ