SKE後藤楽々が卒業発表 珠理奈「前のめりは、素敵だね」

 AKB48の姉妹グループで、名古屋市を拠点に活動を展開するSKE48の後藤楽々(ごとう・らら、19)が28日、同市・栄のSKE48劇場で行われた公演で9月末をもってグループから卒業することを発表した。SKE48の次世代エース候補として期待されていた逸材の卒業はネットでも大きな話題となった。

 この日の公演は自身の生誕祭も兼ねていた。後藤は公演後、自身のツイッターを更新。花束を持った自身の画像を添付しながら「九月末でSKE48を卒業します!みんな本当に楽々にもったいないくらいのたくさんの愛をありがとう」とつづり、改めてグループからの卒業をファンに報告した。

 ファンからは「寂しいよ~~~~」「これだけは言わせて下さい。寂しくなるな」「寂しいし残念」などの悲鳴があがる一方、後藤の卒業を前向きにとらえる声も多数。ツイッターには「楽々ちゃんの描いていく未来をわたしも ずっと応援してます! 楽々ちゃん ありがとう」「寂しいけど楽々ちゃんの輝かしい未来に向かって 夢を全力応援します」「楽々ちゃんはずっと前からアナウンサーになるのが夢だと言ってましたね。同じ大学の先輩田中みな実さんのように大活躍できますように」「楽々の未来に幸あれ」など投稿が集まった。

 後藤の卒業発表にエース、松井珠理奈(22)も反応。同日、珠理奈はツイッターを更新し、「振り返るのは、良くないかもしれないけど…これからのSKEを引っ張ってほしいと思っていました でも、自分の夢を見つけて進む姿は、カッコいいです」とコメント。そのうえで「前のめりは、素敵だね これからも、応援するし 困ったときは頼ってほしいな」とエールを送った。

 後藤は昨年の半年間、大学受験に向けて芸能活動を一時休業。4月1日に青山学院大学文学部英文学科に入学したことをツイッターで報告した。15年の7期生オーディションに合格し、その8月に発売されたシングル「前のめり」で研究生ながらいきなり初選抜された後藤。以後、5作連続で選抜入りしたほか、AKB48のシングルでも選抜メンバーに選ばれるなど、大きな期待を集めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ