松本人志、退社覚悟で吉本に改善要求「明確にしないなら僕が全員芸人連れて出ます」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)が28日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取った闇営業問題に端を発した騒動に言及し、「芸人が一体となって、会社に改善して、膿は全部(出して)、なにか悪いことやってるなら正直に全部言ってくれ、と。そこをちゃんと明確にしないんなら、僕が全員芸人連れて(吉本を)出ます」と宣言した。

 松本の発言にスタジオは静まり返ったが、「西川くんもついてきてくれる」とゲストの歌手、西川貴教(48)にキラーパスを出しスタジオを和ませた。退社を辞さない覚悟を決めた理由については、「お笑いが好きで吉本が好きで入ってきた子たちを悲しい感じで終わらせたくないですもんね」と神妙な表情で語ったが、続けて「僕が全員連れて出るって言いましたけど、誰もついてきてくれない可能性もある」とボケるのも忘れなかった。

 前週21日の放送は20日の宮迫らの会見を受けて、急きょ生放送に。宮迫ら“イエローカード芸人”を引き受ける部署「松本興業」を吉本内に作るなど立て直し案を提言していた。

 さらに吉本興業・岡本昭彦社長(52)の謝罪会見から一夜明けた23日にはツイッターで「寝不足芸人がいっぱいやろな~ でもプロ根性で乗り越えましょう。私達は生まれつきオモロイ」と沈静化を図り、24日には「吉本芸人が全員集まって岡本社長会見大反省会&大討論会を生配信でやる。夢を見た」とつぶやいていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ