今田耕司、岡本社長をピシャリ!ロンブー淳はギャラ配分公表を予告

 タレント、今田耕司(53)が27日、大阪・読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、吉本興業の闇営業問題について初言及。同社の岡本昭彦社長(52)のグダグダ会見を振り返り、「トップにいるべき人じゃない」と斬りまくった。また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)は文化放送「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」などに生出演し、公正取引委員会が所属芸人と契約書を交わさない吉本を問題視したことを歓迎した。

 「特盛よしもと」の収録は22日で、5時間半にわたった岡本社長の会見の最中に行われた。

 今田は騒動で一番つらかったことについて「嘘に疲れた」と悔しそうに話し始めた。

 吉本から契約を解消されたカラテカ・入江慎也(42)や雨上がり決死隊・宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)らとは密に連絡を取ってきたと明かし、ギャラの授受を当初は否定されていたと告白。また、20日の会見で宮迫と亮が話した内容は、前日に吉本側から受けていた説明とは違ったと指摘した。

 岡本昭彦社長(52)の会見が“炎上”したが、「吉本っていうお笑いの楽しい会社のトップにいるべき人ではないんじゃないか」とピシャリ。続けて、「ただやれることはある。吉本の芸人のために社長の座を退いてでも、何かやってくださいよって。一歩兵からやり直して」と訴えた。さらに自身の去就を聞かれ、「なんで辞めなきゃいけないんだよ!吉本興業が大好きなんですよ。みんなの大好きな吉本興業を僕は取り戻したいだけなんですよ」と吉本愛をにじませた。

 一方、ロンブーの淳は「-田村淳のNewsCLUB」(土曜後1・0)で公正取引委員会が所属芸人と契約書を交わさない吉本を問題視したことに触れ、「(5年前から)ずっと言ってきたでしょう、契約書がないなんておかしいと。契約書がないのに契約解除ってのもおかしい」と熱弁した。

 吉本と所属芸人のギャラ配分について「(今後はラジオ出演料の)パーセンテージが分かりますから発表しますよ。岡本社長が6対4、5対5と会見でおっしゃっていたので本当にそうなのか」と検証すると予告した。

 続いてTOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」にも生出演し、「ギャラを可視化してくれと、ずっと言ってきた。労基署に駆け込んだこともある。今、公正取引委員会がメスを入れてくれたから心強い」と強調。文化放送やMXに集まった報道陣には頭を下げながらも無言を貫いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ