志村けん、宮迫と亮を擁護「僕らの商売は笑わせてなんぼの仕事」

 タレントの志村けん(69)が24日、大阪市内で闇営業問題で涙の謝罪会見を行った雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)を擁護した。

 25日に初日を迎える座長公演「志村魂 一姫二太郎三かぼちゃ」(大阪・新歌舞伎座)の公開稽古前に取材に応じた志村は「僕らの商売は笑わせてなんぼの仕事。それを泣かしちゃダメでしょ。うれし泣きだったらいいけどね」と、対応が後手に回った吉本興業に苦言。

 「ああいう泣き顔は見たくない。笑顔が売り物ですから。かわいそう。うちの会社はいいファミリーですから、問題ありません」と、吉本興業・岡本昭彦社長(52)の「ファミリー」発言を逆手に取って笑わせた。

 公演は28日まで。東京・明治座は8月2日から12日。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ