ロンブー淳、若手芸人ファースト訴え「蓄えある先輩達とは違い、死活問題」

 お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が23日、ツイッターを更新。闇営業問題をめぐり「若手芸人ファースト」を訴えた。

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題。20日には亮と宮迫が会見し、問題発覚から47日目の22日には吉本興業の岡本昭彦社長(52)も東京都内で会見し、騒動を謝罪した。

 淳は「今回は宮迫さんの嘘にはじまり、続いて亮も嘘をついた事で、一緒に直営業に行った後輩たちが何も言えない状況が生まれてしまい、巻き込む形で謹慎処分になり苦しい想いをしてる後輩達がいます」とツイート。「2人の処遇や経営者の進退の問題は確かに世間の関心ごとだと思うし、僕にとっても今後の人生を左右する重要な事なんですが」と前置きした上で、「嘘も付いておらず、未だ本人たちの口から何も説明できていない後輩達の処遇の判断を優先してあげてほしいです」と主張。「蓄えがありしばらくの間は生活していける先輩達とは違い、後輩達はその日の収入があるかないかは死活問題であると思います」と後輩たちの苦しい現状を伝えた。

 続けて「僕も警察とトラブルを起こしてしまった時に1週間程度でしたが、謹慎期間はとても不安な気持ちになりました。後輩達は今も出口の見えない謹慎期間中です。家族がいる後輩はさらに不安になってると思います」と自身の経験を交えてつづり、「本当にタレントファーストというなら、所属してるタレントをファミリーだというなら、巻き込まれた形になってる後輩達から謹慎期間や今後の処遇を伝えてあげて欲しいです」と吉本側に訴えた。また「会社に働きかけるよ!と言ってくれてる吉本先輩達もまずは後輩の処遇から動いてもらえるように進言してほしいです」と先輩に協力を仰ぎつつ「僕も進言してみます。どうか未来のある若手芸人ファーストで動いて欲しいと思います」と結んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ