岡本社長、カラテカ・入江の処分は撤回せず「処分を変えるつもりはない」

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題で、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、東京都内で会見し、騒動を謝罪した。

 宮迫と田村ら芸人が参加した詐欺グループへの会合を仲介し、先月4日に契約解消となったカラテカ・入江慎也(42)については処分撤回はないと説明。岡本社長は入江について「そういう(反社会勢力から)お金をもらって、しかも直接ということで。仲介をしているということにおいては、今のところ処分を変えるつもりはない」と明言した。入江は「反社会勢力と知らなかったという認識か」と聞かれ、岡本社長は「我々に本人はそう申しているので」と同意。記者が「(反社と)知っていたか、知らなかったかより仲介していたことが重大?」と質問すると「はい」と即答した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ