吉本会見詳報(7)藤原副社長「隠蔽する感覚はなかった」

 --松本人志さんとの具体的な話とは

 岡本昭彦社長「冒頭で申し上げた内容と、僕の駄目なところの話です」

 --「芸人さんが最高のパフォーマンスをできるようにしなくてはならない」とのことだが、今、SNSなどでのタレントさんたちの発言についてどう思うか

 「全てのことを真摯(しんし)に受け止めなければならないと思っている」

 --中にはテレビ番組内で涙ぐまれながら意見するタレントもいるが

 「全力ですべてのタレントさんたちの声を聞いて、反映していけるようにと考えている」

 --今回の件の発端は、もともとは吉本が反社会的勢力とのつながりを絶つと言っていたのに、反社会的勢力とつながってしまったということ。再発防止策は

 「今回、こういうことが起こってしまったということで、直接そういうやりとりをタレントの人たちが行ってしまったということも含めて、われわれとしては冒頭でも申し上げたけど、今、年2回の研修の回数を増やしていくことと、ホットラインの強化徹底を行っていければと思っている。タレントさんと向き合いながら、直接の仕事も言える環境づくりをしなければならないと思っている。納税なども皆で勉強しながら、きっちりコンプライアンスの態勢を、社員含めて作っていければ」

 --反社会的勢力かどうかのチェック態勢はどうするのか

 「いわゆる反社チェックは徹底的に行っているが、それだけでは不十分なことも今回わかったので、全国暴力追放運動推進センターと連絡を取りながら準備していくつもりです」

 --「クビにする」という言葉は冗談だとのことですが、当時の状況は和やかとは思えない

 「(金銭授受が発覚した後の)ミーティングには、すでに結構な時間がかかっていたこともあって、僕が参加したという経緯がある。そういう事態ですから、和やかということはあり得ませんけど…どこか、そういった話に至っていないといいますか、亮さんが『僕、金額言いたい』、宮迫さんが『金額がみえてないし…』、『会見したい』、『亮さんだけ会見しても…』みたいな感じで」

 「顧問弁護士もいたので、空気を変えなきゃいけないという思いもあって、(会社側は)僕1人になって、本当にその、冗談というか、ぶっちゃけてどう話していくかということを話すつもりで言ったんですけど、僕の駄目なところで…(腹を割って話す)そういうことにはならず…」

 --和やかな(タレントさんたちが話していた)ところを一喝したんですか

 「いや、全然和やかじゃなかった。彼らが固くなっていると思ったし、自分たちばかりの主張が先走って被害者への思いも見えなかったので…」

 --宮迫博之さんらの会見では会社から「今さらひっくり返せない」といわれたとのことですが、その言葉について

 藤原寛副社長「先ほどお話ししたのと同じですが、当初本人たちが言っていたことと違った(金銭授受があった)ので、当時とても慌てたというのが本当のところ。ひっくり返せない、というのは、(これからも二転三転の説明を繰り返すわけにはいかないので)本当に徹底的に事実確認をしてから、ということなんです」

 --隠蔽する言葉では

 藤原副社長「隠蔽するという感覚はなかった」

 岡本社長「(反社会的勢力から)お金をもらっていない、という説明をテレビ局や関係各所にしていたので、それをひっくり返せないということではなく、それまで各所におわびなどするなかで、もらっていないと説明していたのに、もらっているということになった衝撃は相当のものだったので…。現場も含めてわれわれもパニックになったということです」

 --宮迫さんや田村亮さんとは信頼関係をこれから築いていけますか

 「彼らが『分かりました』と言ってくれるなら、話し合えるなら、それは全力でやれればと思います」 --「分かりました」というのは2人からの謝罪ですか

 「2人がミーティングのテーブルについてくれたら、とのことです」

 --どんな思いを2人に伝えたいか

 「本当にすごくつらい思いをさせてしまったということに対して、本当におわびしなければならないと思っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ