吉本興業が記者会見 岡本社長が「処分を撤回する」 宮迫さんらに謝罪

 お笑い芸人が振り込め詐欺グループのパーティーに出席した「闇営業」問題で、吉本興業の岡本昭彦社長が出席する記者会見が22日午後、東京都内で開かれた。問題発覚後、初めての会見。

 会見は冒頭で、吉本側の弁護士が配布された資料などをもとにこれまでの経緯を約30分にわたって説明した。

 岡本社長はこの後に登壇。宮迫博之さん(19日に契約解消)と田村亮さんへの処分を撤回する考えを表明した。

 岡本社長は、「反社会的勢力から金品を受け取ったこと、大変申し訳ありませんでした。何よりも一昨日、宮迫くんと田村くんに、ああいう記者会見をさせてしまったことに、2人に対して深くおわびを申し上げます。非常につらい思いをさせてしまいまして本当に申し訳なく思っている」と謝罪。その上で、「処分の撤回を行い、改めて彼らがミーティングの席に立っていただけるなら、弊社としては全力で改めてミーティングを行い、そしていつの日か、戻ってきてもらえることがあるならば、全力でサポートしていければと思っている」と語った。

 この日の会見は、芸人の宮迫博之さん(19日に契約解消)と田村亮さんが自身主催で20日に謝罪会見したことを受けた対応。

 2人は6月上旬の問題発覚後、会見開催を吉本に何度も頼んだが、岡本社長から「(会見したら)全員首にするからな」などと言われて止められたと主張した。会見後、他の所属芸人らも会社への不信感を表明、批判が巻き起こった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ