松本人志、加藤浩次…相次ぐ吉本“辞める”発言にネットで様々な意見

 22日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)でMCを務めるお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が、反社会的勢力への闇営業問題で雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に開いた謝罪会見を受け、自身の所属する吉本興業のトップに怒りを爆発させた。

 加藤は、2人の謝罪会見で明かされた、同社の岡本昭彦社長が「お前(田村)一人でも辞めて会見したらええわ。やってもええけど、全員、連帯責任でクビにするからな」と発言したことなどに言及。「岡本さんをよく知ってますけど、そういうことをする人」とし、若手や社員に対し「恫喝みたいなことを言う人」との印象を述べた。そして「でもこんなときには助けてくれる人だろうって俺は思ってたけど、そうじゃないんだ、そのままなんだって」と不信感を持った経緯を吐露した。若手芸人らは大崎洋会長や岡本社長を恐れているとし、「これからもその状況が続くと思ったら、僕はこの会社にいれない。僕は辞めます。今の社長、会長の体制が続くんだったら。僕は吉本興業を辞める」と自らの進退についても言及した。

 21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(55)が大崎会長が退社したら「ぼくは辞める。ぼくの兄貴なんで」と発言したことについても、「大先輩に対して本当におこがましい」と断りつつ、「会社のトップが責任取れない会社って機能してるのかな」と経営陣に対する不満を隠さなかった。

 ネットでは加藤の発言に対し、「加藤浩次、すげーな 悔しくて仕方ないんやね」「加藤浩次スゴい相当覚悟決めてきたんだな」「加藤浩次の覚悟に泣ける」「生放送でよく言ったな加藤、見直したぞ こういう時に自分の考えをはっきりと言える奴は人として信用できる」と、率直な意見をぶつける姿勢に共感する意見が多く見られた。

 加藤に加え、ハリセンボンの近藤春菜(36)も涙ながらに「会社は上層部の人だけの物じゃない」と訴えた。

 相次ぐ踏み込んだ発言に、「日本テレビさん スッキリのお偉い方々 お願いします。加藤さん春菜ちゃんが今後どんな形に進んだとしても絶対降板なんて最低な考えなさらないで下さい」と求める声も。

 また、条件付きながら同社を「辞める」といった発言が松本、加藤と続いたことに「松本さんとか加藤さんとかやめるとか言わないで欲しい。。。大きい力と支持する人が多いんやからなんかもっといい方法があると思うから諦めずにがんばってほしい」など、問題の収束役を期待する意見もあった。

 一方で、「吉本の問題は、松本人志 加藤浩次が辞めるとか上が辞めるとかって問題じゃないと思うんだ」「なんか違和感がある」など、論点が変わっているとの書き込みも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ