「松本興業」作る!松本人志、芸人救済へぶち上げた

 闇営業問題で吉本興業から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)らの緊急会見から一夜明けた21日、ダウンタウンの松本人志(55)が同社と岡本昭彦社長(52)に対し、「俺もだまされた感じ。このままじゃ(会社が)つぶれる」と厳しく非難。社内に松本が責任者になる部署「松本興業」を設置し、宮迫を含む問題芸人を所属させることも電撃発表した。また、岡本社長は22日に会見することを宣言。進退が注目される。

 宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、20日のツイッターで「動きます」と表明した松本が、素早い行動に出ていた。

 フジテレビ系レギュラー番組「ワイドナショー」を急きょ生放送に変更して東野幸治(51)と出演。前夜、仕事先の大阪から緊急帰京し、東京・新宿の吉本興業に大崎洋会長(65)と岡本社長を訪ね、宮迫らを救済するため直談判したことを明かした。

 松本は「(会見を見て)知らない事実があまりに多すぎ、俺もだまされたみたいな気になった。(宮迫や亮が)悪から善にいったとは思わないが、上から言われてクビは違う。2人を追い込んだ会社は絶対に良くないし、このままじゃ、吉本はつぶれる」と会社を厳しく非難した。

 続けて「“松本興業”じゃないですけど僕の部署を作ってくれと。やらかした子やイエローカードの子を引き取るから」と闇営業問題で契約解消や謹慎になった芸人を所属させ、松本が保証人となって更生させる案を提案したと告白。「会社は受け入れてくれた」と同意を取り付けたという。「芸人のギャラの問題もありますし」と闇営業の温床を作った薄給改善についても示唆した。

 松本は「会見を開いたらクビ」発言をした岡本社長についても言及。社長が入社当時、ダウンタウンのマネジャーだったこともあり、「いつからそんなに偉そうになったんだ。言葉遣いが横暴なところがある」と断罪。

 「岡本と宮迫が同じテーブルについて話し合ってほしい。そして乳首相撲をしないと」とお笑い帝国ならではの和解策を提言した。社長には会見を開くように進言し、宮迫との話し合いも了解させたという。

 番組にはVTRで岡本社長が出演し、今回の騒動について謝罪。「明日私から会見させていただきます」と明言した。

 また、松本は先月下旬、吉本側に会見を開いて芸人たちがいくら受け取ったかも含め全て公表するよう提案した際「静観します」と拒否されたと明かし、「吉本にはいたくないと思った」とも吐露。ただ、自身の育ての親でもある大崎会長の進退については「大崎さんがいなくなったら僕も辞める」と言い切った。

 この日午後、吉本では幹部による緊急会議が開催された。同社は「社長の会見は松本さんの助言前から決まっていた。明日の会見では(宮迫らの会見内容との)事実関係や社長自身の進退も含めて語ります」とした。

 吉本が騒動の発端となった反社会勢力のフロント企業のスポンサーを務めていた疑惑もあり、今度は岡本社長がどこまで語るのか注目される。

★岡本社長コメント全文

 吉本興業・岡本でございます。この度は弊社の問題につきまして、大変ご迷惑をおかけしておりまして、誠に申し訳ありません。

 はじめに反社会勢力からタレントが金銭を受け取ってしまった件につきまして、被害者の方々に対しまして、事務所を代表してお詫びを申し上げます。

 また、ファンの皆様、関係者の皆様に大変ご心配、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありません。

 昨日(20日)のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、つきましては明日(22日)私の方から会見を開かせていただいて、ご説明させていただければと思います。この度は申し訳ございません。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ