宮迫、当初の嘘の理由を説明「入江くんが解雇になった時点で怖さを感じた」

 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題で、所属事務所から契約解消となった、お笑いコンビ、雨上がり決死隊、宮迫博之(49)と謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。

 記者から、当初は「お金をもらっていない」と嘘をついた理由について問われると、宮迫は「6月4日に入江くんが解雇になった時点で自分たちも契約解除になるんではないかという怖さを感じてしまいました。言わなければいけなかったのですが、保身です」と説明。亮は「僕はその前に入江くんから隠すように指示があって、その指示通りということです」と語った。

 また、事務所による「静観」は「隠蔽ということでは」との問いに宮迫は「静観としか言ってなかった。言い換えるのは語弊がある」と回答。さらに「二人と吉本側の説明に相違がある」と質問が飛ぶと、「全ては把握していないので、わからないところではある」と答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ