宮迫、松本人志への嘘“号泣謝罪” 共演番組「ノーギャラでも出たるわと…」

 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題で、所属事務所から契約解消となった、お笑いコンビ、雨上がり決死隊、宮迫博之(49)と謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。

 黒のスーツに黒色のネクタイで登場した宮迫は、同じく黒のスーツ姿の亮とともに深く頭を下げた。

 先輩芸人に嘘をついてしまったことについて問われると「そこに関しては…返しようのない、返せるわけのないたくさんの恩をいただいている先輩方に、軽い気持ちで、勝手な自分の思い込みの解釈で『金をもらっていない』と言ってしまった。もう取り返しのつかない事ですので」と言葉に詰まりながら絞り出した。

 また、ダウンタウンの松本人志(55)にも電話で連絡し、松本からは「全員がいくらもらったかとか細かいところを全部言ったほうがいい」とアドバイスを受けていたという。しかし、先輩からの助言を生かせず、「とんでもなく甘く考えていた。あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした」と悔やんだ。

 松本とは大阪・朝日放送テレビ「松本家の休日」(土曜深夜0・10)で共演しているが「松本さん、(僕が)休んでいる間、僕の出ている番組に『ノーギャラでも出たるから』と、こんな最低な嘘をついたやつのために『ノーギャラでも出たるわ』と優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです。すみません」と大粒の涙を流しながら、頭を下げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ