「ずっと応援するから頑張りや!!」宮迫契約解消でホトちゃんに同情論 ネット「アメトーークは継続でどうにかお願いします」

 振り込め詐欺グループのパーティーで会社を通さない「闇営業」をして、謹慎中のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が芸能界を引退する意向を所属する吉本興業に伝えたことが19日分かった。吉本は同日付けで宮迫とのマネジメント契約を解消したことを発表。ネットでは相方、蛍原徹(51)への同情論が殺到する事態となり、蛍原の愛称「ホトちゃん」がツイッターのトレンドに入った。

 ツイッターには「ホトちゃんが気の毒過ぎる…」「ホトちゃんが好きなので無理なく頑張ってほしい」「ホトちゃんの気持ち考えると胸が痛いわ」「ホトちゃんかわいそうだよなぁ。こんな最後望んだわけない」「相方がいなくなるとか辛いだろうね…」などの声が多数。またファンからの「ホトちゃん がんばれや!」「ホトちゃん、ずっと応援するから頑張りや!!」という声援も飛び交った。

 数多くのレギュラー番組を抱える売れっ子の雨上がり決死隊。中でも「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の人気は根強く、この日、「アメトーク」もツイッターのトレンドに入った。宮迫が謹慎に入る前に収録を終えていた分は編集で出演部分をカットして放送を続けていたが、宮迫の契約解消で今後は番組自体の存続が問われることにもなりかねない。

 SNSには「アメトーークはどうなる?ホトトーークになるのか?面白い番組だしなくならないで欲しい」「ホトちゃんだけでアメトーークしよ」「アメトーークは継続でどうにかお願いします」など番組存続を望む声が相次ぎ、「ホトちゃんだけで意外といけるところ見せてやればいい」と後押しするツイートも見受けられた。

 宮迫が謹慎処分となり、初めての放送となった6月27日、番組終了後のツイッターには「ホトちゃん単体でもホトトーーク全然見れる!!」「ホトトーーク!!で充分面白い」などの書き込みも目立った。

 また2012年に宮迫が初期の胃がん切除手術を受け、番組を休んだ際は蛍原が1人で番組を切り盛りした。SNSにはその当時を思い出しながら、「別に宮迫いなくてもアメトーークできるやろ。。。宮迫が病気でいなかった時ホトちゃんだけで司会やってたけど普通にできてるし(中略)ベテランやぞ。。。いくらなんでも舐めすぎやろ。。」と憤りを隠さない投稿もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ