こんまり番組、エミー賞2部門ノミネート ネット「お片づけも世界クラス」

 米テレビ界で最高の栄誉とされる第71回エミー賞の候補作品が16日(日本時間17日)に発表された。“こんまり”の愛称で親しまれる片づけコンサルタント、近藤麻理恵さん(34)の「KonMari 人生がときめく片づけの魔法」(米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル番組)が2部門でノミネートされた。

 同番組は、片づけが苦手な米国の家庭を近藤さんが訪問し、こんまり流片づけ術を伝授するというもの。「ときめく」もの以外は捨ててゆく片づけ方法で、時には目に涙を浮かべながら思い出に浸り、番組の最後には「魔法」のごとく部屋が整理される。1月にシーズン1が公開され、米国などで大ヒット。本を捨てる行為の是非がSNSで論争になるほど、番組は全米で大きな反響を呼んでいる。「kondo(コンドウ)」が、片づけを意味する英語として浸透していると、今年1月の米経済紙ウォールストリート・ジャーナル紙電子版でも紹介されている。

 今回のノミネートに、ネットでは「こんまりさん、なんかすごいことになってるな」「ノミネートされるだけでもスゴイことです!こんまりさん、快挙ですね!」「こんまり先生、エミー賞にもノミネート!お片づけも世界クラスですなぁ」など、驚きと祝福の声が上がった。“片づけ”というジャンルで、世界での注目を浴びる近藤さんについて、「片づけで世界をとるってすごい」「まさかこのジャンルから世界へ進出して通用し活躍するなんて誰も想像していなかったと思う」などと、たたえる書き込みも。

 ニュースをきっかけに「片づけでここまで来るなんてすごいよね。俺も部屋を片づけよう」「急に『こんまりメソッド』やりたくなって洋服を一箇所に。 10着を手放す事にした。 さよなら洋服達。ありがとう、ありがと~」と、片づけに取り組むといったコメントも見られている。

 同賞の発表・授賞式は9月22日(同23日)にロサンゼルスで行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ