田口被告初公判、傍聴席の倍率52・7倍 ピエール瀧は60・3倍

 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と元女優、小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁で開かれた。

 この日は24席の一般傍聴席を求め、東京地裁近くの日比谷公園には1265人が列を作り、倍率は52・7倍だった。傍聴希望者が多数に上るとみられたことから、地裁は同公園で午前9時半から同11時まで、リストバンド式傍聴整理券を配布した。麻薬取締法違反の罪に問われたテクノユニット、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(52)の初公判の傍聴席の抽選は地裁で行われ、倍率は約60・3倍だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ