Takaのジャニーさん追悼コメントに「キミシダイ列車」を重ねるファンも

 ロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル、Taka(31)が11日、自身のインスタグラムを更新。9日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で死去したジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川(本名・喜多川拡=ひろむ)さんを追悼した。

 2001年に同事務所に入所したTakaは、03年にデビューしたNEWSの初期メンバーとして活躍。その後、退所した。

 Takaは「こんなふうにSNSで、文字だけでは表現しきれるはずもないし 本当に色々な想いが溢れ出てきてます」と切り出し、「ジャニーさん たくさん迷惑をかけてすみませんでした。たくさんの愛をありがとうございました。たくさんたくさん感謝してます ジャニーズでの本当に色々な経験がなければ今の僕はいません」と、故人に呼びかけるように感謝の言葉をつづった。そして「ゆっくり休んでください 本当にお疲れ様でした」と哀悼の意を示した。

 ネットでは「Takaがジャニーズの事を語るとは思わなかった!」「ジャニーズの時の話あんまりしないTakaがこういうんやから感動するよ」「タカ、あんまりジャニーズ時代の話しないけど、彼の原点は間違いなくジャニーズ。ジャニーズでのいろんな葛藤や思いが今のワンオクに繋がってる」と驚きとともに、今回のコメントに感動したとの声があがっている。

 そして、Takaがつづった言葉に「Takaのジャニーさんへの思いが… キミシダイ列車の『過去の自分が今僕の土台となる』」「キミシダイ列車の過去の自分が今僕の土台となるって歌詞思い出して泣きそう」など、Takaの言葉をONE OK ROCK5枚目のオリジナルアルバム「残響リファレンス」に収録された「キミシダイ列車」(作詞・Taka)に重ね合わせる投稿も数多く見られている。

 また「ジャニーさんはTakaの活躍、凄く喜んでたと思う…」「Takaらしくこれからも突き進んで下さい。きっとそれがジャニーさんへの恩返しになると思います」と、今後への期待も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ