ジャニー喜多川さんへファンたちも感謝の言葉「宝物をありがとう」

 たのきんトリオ、SMAP、嵐ら人気男性アイドルを数多く輩出したジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川(本名・喜多川拡=ひろむ)さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で死去した。87歳だった。先月18日午前11時30分頃、東京・渋谷の自宅で体調を崩して倒れ、心肺停止状態で港区内の病院に救急搬送されていた。半世紀以上にわたり日本のエンターテインメント界をリードした巨星が逝った。

 ネットでは、同事務所のタレントのファンたちが、「ご冥福をお祈りいたします」と追悼の言葉をつづるとともに、「本当にジャニーさんありがとうございました。今楽しく生きられるのはジャニーさんのおかげです」「ジャニーさん、SMAPという宝物をありがとうございます。御冥福をお祈りします」など、ジャニーさんへの感謝の言葉が数多く見られた。

 テレビ各局のニュースなどでは、ジャニーさんが手がけたタレントやグループの映像が流された。「テレビは昨夜から、ジャニーズ事務所のタレントさんたちの懐かしい映像ばかり。フォーリーブスの頃から知ってる私も、ジャニー喜多川さんの功績を改めて認識しました」「各局でジャニーさんの功績と共に 育てたタレント、グループの映像…色んな思いで観てます…」といった、ジャニーさんの功績の大きさを実感したという声も。

 また、表舞台に出ることがほとんどなかったジャニーさんだったが、所属タレントが話すエピソードを通じてファンたちは人柄に触れていた。「(嵐の)大野さんが話すジャニーさんとのエピソード聞くの好きだったなぁ」「ジャニーさんは決して表には出ない方でしたが 何故だかみんな知っているのは 愛情たっぷりにエピソードを話すジャニーズアイドルの方々だからかな 『YOU』って呼ぶのをほとんどの人が知ってたりとかね」「次々出てくるジャニーさんとのエピソードに愛や歴史を感じる」など、ジャニーさんとタレントたちの関係性についてのコメントもあった。

 ジャニーさんは、少年から大人に成長するまでを見越してスター候補生を発掘するとされ、それぞれの個性を見抜き、グループ結成時には個々がより輝くようにメンバーを選出してきたという。「ジャニーさんのずばぬけた先見の明には本当に頭が上がらない、というか意味がわからない、もうなんか本当に感謝しかない」と、ジャニーさんの類いまれな才能に触れたものもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ