乃木坂キャプテン桜井が卒業を発表…ネットは悲鳴「今年はもう十分です」

 アイドルグループ、乃木坂46のキャプテンを務める桜井玲香(25)が8日、公式ブログでグループから卒業することを発表した。3日から始まった全国ツアーの最終日、東京・神宮球場公演(9月1日)をもって卒業する。突然の発表にネットも大騒ぎとなり、乃木坂ファンがSNSでそれぞれの思いを投稿した。

 桜井は卒業の理由について「ここ数年、卒業していくメンバーが増え色々なフィールドで奮闘する姿を見て、自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました」と説明。そして「卒業までの残り時間があまり多くないですが、最後まで『乃木坂46』『キャプテン』と向き合っていきたいと思います」と決意を新たにした。

 思いがけないの発表にネットは騒然。SNSには「予想してなかったから寂しい…」「もう少し見ていたかったよ」「突然すぎる…寂しいけどまずは卒業まで乃木坂46としての推しを応援し続けるしかない」「いつもありがとう。乃木坂46の先頭に居てくれてありがとう」「この人が『乃木坂らしさ』を作ってきた 1期が卒業する度に思う キャプテン本当にありがとう」など、驚きと悲しみ、そして感謝の言葉が交錯した。

 桜井は1期生メンバー。卒業後も芸能界から引退はせず、活動を続けるという。昨年暮れから今年2月にかけて上演された舞台「レベッカ」でヒロイン役を務めるなど、最近は女優業にも力を入れている。

 世代交代が進む乃木坂46は昨年から今年にかけて生駒里奈(23)、斎藤ちはる(22)、若月佑美(25)、西野七瀬(25)、衛藤美彩(26)、斉藤優里(25)ら1期生メンバーの卒業が相次ぎ、今年だけでも卒業メンバーは桜井で4人目になる(1期生以外も含む)。そのためSNSには「今年はもう十分です、お願いだから」といった悲鳴に近い声もあがっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ