闇営業問題 さんま、鶴瓶、松本…先輩の複雑な反応と号泣

 発覚から約1か月、いまだ「闇営業」が沈静化しない。2014年12月末に、所属事務所を通さず詐欺グループ主催のパーティーに出席したうえ、「金銭は受け取っていない」と虚偽の説明をした芸人が謹慎処分となったこの問題。テレビ番組やCMなどの違約金は5億円といわれ、多くの芸人が所属する吉本興業は大打撃を受けている。

 そんな中、大物芸人たちが重い口を開き始めた。ダウンタウンの松本人志(55才)は6月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、事態打開のため吉本に働きかけたが奏功しなかったとして、「これ以上やったらおれ、邪魔者になる」と複雑な心境を明かした。

 一方で擁護の声をあげたのは明石家さんま(64才)。6月29日にオンエアされたMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』で、問題のパーティーをブッキングして吉本から契約解除されたカラテカの入江慎也(42才)について、さんまは「入江に頼まれていたら、おれは絶対に(闇営業に)行ってた」と発言した。

 入江は2015年に人脈を生かしたコンサルタント会社を設立し、イベントや派遣業などで商才を発揮して2018年に年商1億円を突破。入江は芸人だけでなくJリーガーやプロ野球選手、IT社長など人脈が豊富で“友達5000人”といわれるほど幅広い交友関係を持つ。入江の人脈にさんまも世話になっていたという。

 「入江さんは芸人としての給料は40万円程度ですが、“副業収入が月350万円ある”と豪語していました。多くの芸人が“本業がおろそかになる”と入江さんを批判する中、さんまさんは評価していたんです。パーカやスニーカーなどレアグッズを入江さん経由で入手していて、“入江に言えば欲しいものは手に入る”と、さんまさんをはじめ大御所芸人も彼のことを買っていた」(芸能関係者)

 ◆擁護する芸人は他にも……

 実はラジオでの発言に先立ち、さんまは入江の擁護に動いていた。きっかけを作ったのは今田耕司(53才)だ。

 今田は入江と頻繁に飲みに行く仲で、2013年には入江主催のファッションイベントに雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)という、今問題の2人と一緒にゲスト出演したほど。

 6月15日に放送された『特盛!よしもと』(読売テレビ系)で今田は、「ぼくはまだ(入江と)知り合いのままやから。何かあったら相談受けるし」と入江をかばう発言をした。

 「同時期に『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の収録に参加した今田さんは、さんまさんに入江さんの処遇について『兄さん、なんとかなりませんか?』と楽屋で相談していたんです。さんまさんも入江さんの世話になっていたので、吉本の幹部に相談したとか。でも、会社の判断は覆りませんでした」(テレビ局関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ