秋山幸二氏の娘が芸能界入り!秋山真凜、キャスターで東京五輪目指す

 プロ野球ソフトバンク前監督で野球解説者、秋山幸二さん(57)の一人娘で、上智大4年の秋山真凜(まりん、22)が芸能界入りしたことが4日、分かった。芸能事務所「生島企画室」に1日付で所属。特技は英語、韓国語で、同時通訳の経験もある。一時はプロゴルファーを目指していた真凜はサンケイスポーツの取材に「まずはスポーツニュースの分野で活躍したい」と夢を語った。

 選手としても西武やダイエー(現ソフトバンク)で活躍した幸二さんの娘・真凜が芸能界に飛び込む。

 「スポーツキャスターやリポーターが当面の目標です」。真凜はサンケイスポーツの取材に清潔感あふれる笑顔を輝かせた。知人の紹介を受け、1日付でフリーアナウンサー、生島ヒロシ(68)が会長を務める生島企画室に所属。テレビやラジオ局回りを始めた。

 父には今年の正月、「メディアを中心に働きたい」と打ち明けた。驚いた父も「今では『頑張れ』と応援してくれています」と真凜。9月に卒業する上智大国際教養学部では、英語の講義で国際経済や経営学を学ぶ。独学で修得した韓国語もほぼ完璧。昨秋から、テレビや映画に出演する外国人タレントの同時通訳も務めてきた。

 「その過程で海外から来るアスリートや芸能人を自分の力で取材し、紹介する仕事をしたくなったんです」。趣味はゴルフ。母、千晶さんの勧めで5歳から始め、ベストスコア69を記録した中学時代からプロを目指し、千晶さんに帯同してもらって全国を転戦した。7歳の頃、父がテレビ番組でゴルフ対決したタイガー・ウッズ(43)と宮崎県のゴルフ場で対面したこともある。

 ところが、千晶さんは父の率いるソフトバンクが日本一になった2011年オフに脳腫瘍で入院。真凜は高校に通うかたわら3年間、父と看病を続けたためプロゴルファーの道は断念した。父も容体の重い千晶さんのために、ソフトバンクを再び日本一に導いた14年限りで監督を退任したが、この年の12月、千晶さんは55歳で死去した。

 闘病中の母から言われた「したいことをしなさい」という言葉を胸に新たな一歩を踏み出す真凜。取材対象の目標は来年の東京五輪出場選手。「(ゴルフ有力候補の)アダム・スコットやタイガー・ウッズの話を深く聞きたい」と真剣だ。

■秋山真凜(あきやま・まりん)

 1996(平成8)年10月12日生まれ、22歳。福岡県出身。福岡インターナショナルスクールなどを経て2015年、上智大に入学。5歳から学んでいる英語、15歳から独学で修得した韓国語が特技。今年2月にはKARAの元リーダー、ギュリ(31)が出演する映画の撮影で通訳を務めた。158センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ