ザブングル、7日から熊本の介護施設でボランティア 所属事務所が発表

 お笑いコンビ、ザブングルが反社会的勢力の会合に事務所を通さず出席する“闇営業”をし、謹慎処分となったことを受け、所属先のワタナベエンターテインメントは4日、ザブングルが7日から約1カ月間、熊本の介護施設で介護サポート等のボランティアに参加することを発表した。

 活動は介護資格がなくてもできる範囲内で行うとし、活動先の施設からも「施設内では、お年寄りの方々の話し相手となったり、催し物に参加したりして、皆さんに笑顔や元気を届けてほしい」と要望があったという。ボランティアの候補先には「約100件の問い合わせなどがあった」と明かし、ザブングルの2人も「芸人としての本分を発揮できるありがたい機会もいただけるということで、気を引き締め、誠心誠意、ボランティア活動に取り組んでいく覚悟でおります」とした。

 所属事務所は1日、ザブングルから謹慎期間中にボランティア先を見つけて活動するなど社会貢献を行いたいとする申し出があったことを報告。闇営業のギャラを修正申告したことや、本人たちが事態を重く受け止め、反省していることなどを勘案し、謹慎期間を8月末日までとすることなどを発表していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ