井上和香のRIZAP変身美ボディーにSNS「ワカパイが…」

 女優、井上和香(39)が4日、東京・品川プリンスホテルで行われたパーソナルジム、RIZAPの新CM発表会に出席。9・7キロ減量し、ウエストが15・3センチ細くなったボディーを披露した。ネットでは「綺麗になった」といった称賛の声が上がる一方で、「痩せる前のが魅力を感じる」など様々な意見が入り交じっている。「ワカパイが失われてしまった」と残念がるつぶやきもあった。

 身長166センチの和香は、2012年に映画監督の飯塚健氏(40)と結婚し、15年に長女(3)を出産。家事と子育てに追われる毎日でウエストの肉がパンツの上からはみ出すほど太ったという。ダイエットに成功した和香は、同日発売の女性週刊誌「女性セブン」で、9年ぶりのビキニグラビアも披露している。

 SNSでは「井上和香さんお顔に肉付いてなかったから服の下の親近感ボディに全く気づいてなかった、ライザップ対象者だったとは!」など、ダイエットを行ったことに驚きの声が上がった。そして「井上和香見たらライザップ行きたくなったw」「いいなあのくびれ…」「井上和香めっちゃ綺麗になっとる」といった憧れのまなざしを向けるコメントが寄せられた。

 その反面、「井上和香は太ってても全く問題ないくらい可愛いよ」「え、beforeも可愛いんだが」「井上和香が痩せて綺麗になったって言われてるけど 個人的には痩せる前のが魅力を感じるw」と、以前の体形を好むといった声も寄せられている。

 デビュー当時、Fカップ巨乳のダイナマイトボディーから“和製マリリン・モンロー”“ワカパイ”の異名を取った和香。「井上和香さんは、ぽっちゃりの方が色っぽいと思うのは俺だけか?」「井上和香、RIZAPで結果にコミットし過ぎてわかパイまで小さくなってない???」「ワカパイが失われてしまった」「ワカパイなくしてどうする!! 僕らのワカパイを返せ!」と、引き締まったボディーに“思うところがある”といった声も。

 「そう言えば菊地亜美さんが現在キープ出来ているのか気になるところ…」と、今年3月にRIZAPのCMに登場し、4カ月で体重マイナス10・5キロ、ウエスト同20・0センチのダイエットに成功し、見違えるような美ボディーを披露したタレント、菊地亜美(28)の名を挙げ、その後を気にするコメントも見られていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ