『闇営業来てくれ』TKO木本に“イタ電”被害「悪ノリやめて」

 お笑いコンビ、TKOの木本武宏(48)が3日、東京・千駄ヶ谷のLumine 0で行われた家電メーカー・バルミューダの新製品発表会に出席した。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)らが反社会的勢力のパーティーに出席した闇営業問題をめぐり、「闇営業に来てくれ」などと依頼される迷惑電話があったと告白。一方、個人事務所で活躍中のお笑いコンビ、さらば青春の光は別のイベントで、営業先に反社かどうかの確認をしていると明かした。

 宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら吉本芸人13人が謹慎処分となった闇営業問題。バラエティーでは出演シーンをカットするなど混乱が続く中、新たな“被害”が発覚した。

 この日、木本は家電大好き芸人として、バルミューダの新作扇風機などをPR。事務所の許可なしで反社のパーティーに出席し、金銭を授受したとされる問題については「当事者の芸人がいろいろ考えている中、僕は偉そうに語れない」と謹慎芸人を思いやる一方、「いたずら電話がかかってきた」と明かした。

 番号通知の電話に出ると、若い男性から「闇営業に来てください」と言われ、木本が「行けないです」と断ると、「男性の後ろの方から笑い声が聞こえた」と苦笑。別の電話では「うちのパーティーに(事務所を通さず)直で来てほしい」と依頼を受け、「会社を通してください」と返答すると「木本、アウト~。(木本の)コメント、最下位」と大みそか恒例の日本テレビ系バラエティー「笑ってはいけない」シリーズのフレーズで通話を切られたという。

 「だったらトップのコメントを教えてほしい」とボケて笑いを誘いつつ、「悪ノリはやめてほしい」と真剣な表情で警告。闇営業問題をめぐっては、所属の松竹芸能から「全芸人に注意喚起の電話があった」と説明し、「今回の問題をきっかけに身を引き締めて、上を向いて歩いていきたい」と芸人としてのあり方を見つめ直していた。

 木本といえば、9月30日スタートの次期NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・0)に出演が決定。俳優としての新境地に期待がかかるが、宮迫不在で相方の蛍原徹(51)が司会を務めるテレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜後11・20)には「また家電芸人枠で出演したい」と意欲満々。ピンで番組を支える蛍原にも気遣いをみせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ