石野卓球が事務所をやめたワケ 関係者「瀧をサポートできるのは…」

 ソニー・ミュージックアーティスツとの契約を終了したことが明らかになったテクノユニット、電気グルーヴの石野卓球(51)。薬物事件で有罪判決を受けた相方で俳優のピエール瀧(52)の復帰をサポートするためとみられる。

 瀧は4月2日付ですでに契約を解除されている。「瀧は早々にも音楽活動を再開するとみられています。損害賠償は5億円にのぼるとみられていますが、俳優としての活動は当面難しいでしょうから」と音楽関係者。

 このため石野も事務所をやめ、瀧の活動をスムーズにサポートしようという思惑だというのだ。「2人は高校時代からの付き合いで、瀧が勾留されている間も、石野はSNSで瀧のことをネタにして投稿を続けていました。瀧をサポートできるのは自分しかいないと考えているようです」と先の音楽関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ