テレ朝、「アメトーーク!」「ロンハー」継続を明言

 テレビ朝日が2日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、反社会的勢力の会合に闇営業したため謹慎中のお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)がそれぞれコンビでMCを務める「アメトーーク!」(木曜後11・20)と「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)の継続を明言した。

 吉本興業の人気芸人による闇営業問題について、亀山慶二社長(60)は「反社会的勢力との接触はあってはならないこと。所属事務所には改めてコンプライアンス遵守の徹底を求めている」とコメント。先月24日に謹慎処分が発表されて以降、2人の出演部分をカットして放送している両番組の今後については「現状では打ち切り等は考えておりません」と否定し、「今後の状況を見ながら慎重に判断をしていきたい」と話した。

 また、番組名の変更については、編成担当幹部が「今のところ考えておりません」と否定。「アメトーーク!」のMCについては宮迫の相方、蛍原徹(51)が務めるとし、「○○芸人という企画によっては、ゲストにMC側に参加していただいて進めていくことも考えています」と補佐プランを明かした。「ロンドンハーツ」は亮の相方、田村淳(45)が引き続き務める。

 現在、スポンサー企業がCMを差し替えるなど影響が広がっているが、吉本に損害賠償請求を行う意向があるかという質問には「取引に関することなのでコメントを控えさせていただく」と話すにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ