「アメトーーク!」当面打ち切りなし、テレ朝社長会見

 吉本興業所属の芸人らによる「闇営業」問題で、テレビ朝日の亀山慶二社長は2日の定例会見で、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)=謹慎処分=らが所属する吉本興業に対し、「反社会的勢力との接触はあってはならない。コンプライアンスの徹底を求めている」と語った。

 また、宮迫さんが出演するバラエティー番組「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」(毎週木曜午後11時20分)について、「番組打ち切りは考えていない」と述べ、当面、番組を継続させることを明言。「アメトーーク!」は雨上がり決死隊の冠番組で、この時間帯で長年、視聴率トップを争う人気番組だ。

 亀山社長は「番組を応援している方にご心配かけ申し訳ない」とした上で「慎重に推移を見守っていきたい」との認識を示した。

 番組編成を担当する西新取締役によると、番組のMCは引き続き、宮迫さんとコンビを組む蛍原徹さん(51)が1人で担当する。同番組の正式タイトルには2人のコンビ名が入るが、「今のところ、番組タイトルの変更などは考えていない」とも話した。

 同様に、同局で「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)が出演する「ロンドンハーツ」(毎週火曜午後11時20分)についても、コンビを組む田村淳さん(45)が司会を引き続き務めることで番組を継続するという。

 「アメトーーク!」などでスポンサー降板の影響もすでに出ているが、吉本興業への損害賠償を求めるかについて、西取締役は「取り引きに関することなので、コメントは差し控えたい」と述べるにとどまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ