石野卓球、事務所契約を満了しフリーに「お楽しみに!」

 テクノユニット、電気グルーヴの石野卓球(51)が6月30日をもって所属事務所、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)と契約が終了したことが1日、公式サイトで発表された。

 「当社は石野卓球及び電気グルーヴのマネジメント業務を終了いたします」と報告。また、電気グルーヴの所属レコード会社、ソニー・ミュージックレーベルズはサンケイスポーツの取材に「SMAの契約終了に伴い、契約を終了しました」と説明し、完全にフリーになった形だ。

 これに対し、石野はツイッターで「自分からSMA辞めたに決まってんじゃん」「お楽しみに!」と呼びかけた。

 相方のピエール瀧(52)は麻薬取締法違反で起訴された4月2日付で契約解除された。

 今後は石野が瀧の復帰をサポートして2人で活動するとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ