スリムクラブに“闇営業”ギャラ10万円分配 バンドー太郎、仲介を謝罪「安易な考えで…」

 お笑いコンビ、スリムクラブと2700が暴力団関係者への“闇営業”でギャラを受け取り、無期限謹慎処分となった問題で、ものまね芸人のバンドー太郎(48)が6月30日、東京都内で記者会見し、仲介したことを謝罪した。

 バンドーは、反社会的勢力とのかかわりを否定した上で、出席者の服装や雰囲気からは「(暴力団関係者とは)全く分からなかった」と釈明。「安易な考えで誘ってしまい申し訳ない」と謝罪した。

 ギャラは30万円を受け取り、それぞれ10万円ずつを分配。スリムクラブからは過去に営業で一緒になった際、仕事がほしいと頼まれていたと明かし、直接の営業は大丈夫なのかともスリム側に確認したという。

 フリーで活動する自身は謹慎などの予定はないが、すでに仕事がキャンセルされたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ