マシ・オカ、AKSアドバイザリー就任!NGTは今後の運営体制発表

 昨年12月に元メンバーの山口真帆(23)が被害に遭った暴行事件をめぐる騒動に揺れるアイドルグループ、NGT48やAKB48の運営会社、AKSは30日深夜、コーポレートサイトを開設。米国で活躍する俳優、マシ・オカ(44)がAKSのアドバイザリーに就任すると発表した。

 マシ・オカは6歳のときロサンゼルスに移住。少年時代はIQ189の天才と米タイム誌に掲載された秀才。大学時代は数学とコンピューターを学び、視覚効果アーティストとしての顔も持つ。

 また、NGT48劇場の早川麻依子支配人が再発防止のための今後の運営体制を同グループの公式サイトで発表。メンバーへの防犯用GPS通報専用端末の配布、メンバーの送迎ルート見直し、スタッフとメンバーの定期ミーティング実施など、今回の騒動で浮き彫りになった問題を踏まえた対策を提示。早川支配人は「二度とこのような事態を招かぬよう、改善にベストを尽くしていく所存です」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ