中居正広と嵐、3300日ぶりの「共演NG説」解除の背景

 振り返るとSMAPは、解散騒動が起きてから、音楽番組で歌う機会はなく、コンサートも開かず、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回で『世界に一つだけの花』を披露しただけだった。5人で歌う姿をじっくり見納めたいというファンの願いは、叶えられなかった。嵐のファンのためにという気持ちも状況を後押しした。

 「嵐は、来年末をもって活動を休止します。残された時間はそう長くありません。出演できる音楽番組も限られています。そうした状況で、できるだけ多くのファンに、できるだけ多くの場で歌を届けられるようにしたい。中居さんの気持ちとあいまって、約3300日の“共演NG”が解禁されることになったんでしょう」(前出・番組関係者)

 中居と嵐の共演というと、『うたばん』でのお約束「下克上コント」が思い出される。先輩である中居のフリを受けて、大野智(38才)が「普段がカッコ悪い」「今度ラーメンおごってやるよ」などタメ口で中居にけんかをふっかけ、ほかの4人があわてて止めに入るというミニコントだ。

 「久々の共演ですから、今回はそのコントも見せてくれるのではないでしょうか。活動休止まで、あと1年半。中居さんは嵐のいろいろな姿をファンに見せたいし、それは嵐のメンバーも同じです。活動休止まで精力的にスケジュールをこなしている嵐の出演は、ほかの出演者と比べてもだいぶ早く決まったそうですから、さまざまな企画を準備する時間はあったはず。それに、ジャニー(喜多川・社長)さんが救急搬送されてしまった今こそ一緒に盛り上げて、元気を出してほしいと思っているはずです」(前出・芸能関係者)

 《これまでずっと出てこなかったからうれしい》、《久々の絡みが見られる》、《録画しなくちゃ!》などと、その日を待ちわびる声がネット上にはあふれている。

 ※女性セブン2019年7月11日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ