吉本、1000人コンプラ研修スタート 4日間で計8回開催

 所属芸人の相次ぐ闇営業問題に揺れる吉本興業は27日、サンケイスポーツ既報通り、東京都内某所で1000人超の若手芸人を対象にした緊急コンプライアンス研修を開始した。

 4日間で計8回開催予定。参加した芸人によると、初日は1回あたり約200人が出席。同社幹部、マネジャー上層部、警察OBの顧問が講師役を務め、別の関係者は「口頭で『気を引き締めてほしい』という内容で、極めて当たり前のことだった」と明かした。

 講師陣は、反社会的勢力の団体が昨今、表向きは企業を名乗るなど実態が複雑化していることなどを解説。収入が少ない若手芸人はアルバイトをしているのが実情で、事務所を通さない仕事との線引きは曖昧だが、「簡単にギャラを手にできる甘い話はない」などと念押しされたという。

 また、問題の会合に参加した謹慎芸人たちの詳しい経緯に関する説明はなかったが、当初否定した金銭授受を一転して事実と認めたことに触れ、「会社に嘘をついたら会社は守れない」と強調。かつては派手な生活などが型破りな芸人らしさとも言われたが、「世間の厳しい目がある時代に合わせた働き方をするべき」と説かれたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ