テレビ朝日「アメトーーク!」 宮迫さん、ほぼ完全カットで放送

 吉本興業に所属するお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)らが、振り込め詐欺グループのパーティーに事務所を通さず参加した問題で、吉本興業から謹慎処分となっている宮迫さんがMCを務めるトークバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日)が27日夜、放送された。

 アメトーーク!は、毎回さまざまな芸人をゲストに呼び、雨上がり決死隊の2人や、ゲスト陣同士の掛け合いなどで進行するトーク番組。雨上がり決死隊の冠番組で、同時間帯で視聴率が高い人気番組の一つだ。この日は当初の予定通り、「ネタ書いてない芸人」が放送された。

 本編が始まって間もなく、画面下に「この番組は5月30日に収録したものです」と断りのテロップが映し出された。宮迫さんらの問題が発覚したのは6月上旬で、それ以前の収録であったことを示したものとみられる。

 番組は一見、いつも通りに進行するが、画面に登場する司会役は、宮迫さんとコンビを組む蛍原徹さん(51)ばかり。隣にいるはずの宮迫さんは、たまに腕などが映り込んでいたものの、ほぼ完全にカットされていた。

 蛍原さんが映る場面では左右2分割画面となり、横にはゲスト陣が映し出されることも。編集されたものとみられる。

 インターネット上では、「セット全体を映す引きの画がない」「ゲストばかり映して、あまりに不自然」「宮迫さんが入らないからテンポが悪い」などと、いつもと勝手が違う様子に不満げな視聴者の声がみられた。その一方で、「まったく映らないのはすごい」「音声さんもすごい」などと編集技術に驚く声も。番組中はSNSのツイッターでも「アメトーーク」がトレンドワードに入るなど、番組の人気の高さを示した。

 吉本興業所属の芸人をめぐっては、振り込め詐欺などの特殊詐欺グループとされる反社会勢力が主催する会合で事務所を通さず営業した問題が発覚。

 同社は今月4日付で、仲介役となったお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(42)との契約を解消したほか、宮迫さん、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)ら11人を活動停止、謹慎処分とした。

 さらに、27日には、お笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」の計4人が、別の反社会勢力のパーティーに事務所を通さずに出席する「闇営業」をしたとして、吉本興業が無期限謹慎処分にしたと発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ