「スリムクラブ」と「2700」も反社会勢力の会合に出席 無期限謹慎処分

 吉本興業は27日、お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田(まえだ)賢(けん)さん(43)と内間(うちま)政成(まさなり)さん(43)、また、同「2700」の八十島(やそしま)宏行(ひろゆき)さん(35)、常道(つねみち)裕史(ひろし)さん(36)が、反社会勢力のパーティーに事務所を通さずに出席する「闇営業」をしたとして、無期限謹慎処分にしたと発表した。同様の営業が相次いで発覚し、同社は反社会的勢力との関係を持たないとする「決意表明」を文書で発表した。

 吉本興業によると、スリムクラブと2700は約3年前、他の事務所所属の芸人の仲介で、川崎市内で開かれた「飲食店オーナーの誕生日パーティー」に参加。パーティーには暴力団関係者とみられる人物も出席し、スリムクラブはトークなどを披露して金銭を受け取ったという。

 真栄田さんと内間さんは那覇市出身。琉球大の先輩・後輩で平成17年にコンビ結成。22年と28年に漫才コンテスト「M-1グランプリ」で決勝に進出した。朝日放送テレビ(大阪市)は、真栄田さんがレギュラー出演する「探偵!ナイトスクープ」の28日深夜の回を再編集して放送する。

 吉本興業は「決意表明」で「さらなるコンプライアンスの徹底に全力を尽くす覚悟です」としている。同社所属芸人の「闇営業」をめぐっては「カラテカ」の入江慎也さん(42)が契約を解消。「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)、「2700」の2人ら計11人が謹慎処分となっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ