HARAが下着“ポロリ”も最後まで SNS「あの状態で隠さず慌てず…プロ根性」

 26日放送のテレビ東京系音楽特番「テレ東音楽祭2019」(後5・55)で、韓国ガールズグループ、KARAの元メンバーで歌手、HARA(28)の歌唱中に、衣装がずれて下着が“ポロリ”するアクシデントが起こった。ファンからは最後まで歌唱したHARAに対し、「カッコイイ」「プロ」との声が上がっている。

 HARAは、先月26日の自殺未遂騒動後、初のテレビ出演。「緊張しているんですけど、皆さんご無沙汰しております」と笑顔で登場した。心配される体調についても「ご覧のとおり、HARAはものすごく元気です」と語っていた。

 ステージでは、KARAの代表曲「ミスター」を女性5人組、Chuning Candyと披露。歌唱中には、チューブトップの衣装が下がり、胸部分の下着が露出してしまった。HARAは、振り付けの妨げにならないタイミングで直し、プロらしく最後まで歌いきった。歌唱後には「ちょっと“ハラハラ”しました」とコメントしている。

 SNSでは、このアクシデントに驚きの声が多く見られたが、最後までパフォーマンスを続けたHARAに「最後まで冷静に歌い切った踊り切ったハラちゃんまじでカッコイイ!!!」「あの状態で隠さず慌てず、ダンスも手を抜かずに歌い切ったHARAさんすごい。プロ根性」など、称賛するコメントが寄せられた。一方で「HARAちゃん、あれ大丈夫だったの? せっかくゲンキな姿見せてくれたのに、心配だわ…」と、騒動後初の出演だっただけに、心配の声も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ