大島優子、木村拓哉と6年ぶりの共演! ショートヘアにSNS「かわいさまじ何なんだよ!!」

 元AKB48メンバーで女優の大島優子(30)が、来年新春放送のフジテレビ開局60周年2夜連続スペシャルドラマ「教場」に出演することが26日、分かった。大島は役作りの一環でショートヘアのウィッグをつけて劇中に登場。そのビジュアルが公開されると、ネットで“優子推し”が興奮の声をあげた。

 ドラマは警察学校が抱えるリアリティーを描いた長岡弘樹氏の同名シリーズを原作とするミステリー。大島は、主演の木村拓哉(46)演じる冷徹な警察学校のカリスマ教官・風間公親の教え子、楠本しのぶ役を演じる。過去に最愛の人を失い、警察官を目指す元インテリアコーディネーターという役どころだ。

 ネットでは「大島優子のかわいさまじ何なんだよ!!」「ショートかわえぇぇぇぇ!!!!」「大島優子さんは壬生町の誇り」「楽しみだなぁ 早く見たい!!」などとファンが歓喜。民放のドラマ出演は「東京タラレバ娘」(日本テレビ系、2017年)以来で、「大島優子チャン久々のドラマ出演かー」と喜んだ。

 また木村とは「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(TBS系、13年)以来の共演で、当時は木村の妹役を演じた。6年ぶりとなるタッグに両ファンが盛り上がり、SNSには「放送が待ち遠しいです 木村拓哉さんとの再共演も楽しみです」「大島優子ちゃん!ロイド以来だね 益々楽しみ~」「安堂ロイドファンなのでこの共演は嬉しい」「どうしてもロイドを思い出しちゃう」「やっぱり大島優子ちゃんね。あの役は誰だろう?って先日、拓友さんと盛り上がってたんだよね。正解(笑)」といったコメントがあふれた。

 ドラマにはそのほか工藤阿須加(28)、川口春奈(24)、林遣都(28)、葵わかな(20)三浦翔平(31)ら豪華俳優陣が出演する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ