山口百恵さんからアニソンまで…作詞家の千家和也さん死去 ネット「青春時代がまた一つ終わった」

 「終着駅」や「ひと夏の経験」など、多くのヒット曲の歌詞を手がけた作詞家の千家和也さんが13日に死去したことが26日、分かった。73歳だった。歌謡曲からアニメソングまで、幅広いジャンルで名曲を生み出した千家さんの訃報にネットからも悲しみの声が漏れた。

 SNSではファンが「青春時代がまた一つ終わった」「1970~80年代の歌謡曲やアニソンを彩った方がまた一人」「個人的にはキャンディーズや百恵ちゃん、麻丘めぐみさんの楽曲のイメージが強いです。ショックだ…」などと涙。また「千家和也といえば麻生よう子の『逃避行』だな」「父と同い年、まだお若いのに。そして、神戸大好きでした。合掌」「一番好きなキャンディーズのシングル『その気にさせないで』」「魔女っ子メグちゃんもこの人の作詞、小悪魔な女の子の女心を見事に描いた曲」などとツイートしながら、千家さんが作り上げた名曲を懐かしんだ。

 千家さんはなかにし礼さんに師事し作詞家デビュー。1972年に奥村チヨ(72)の「終着駅」で日本レコード大賞作詩賞を受けた。「ひと夏の経験」や「赤い衝撃」など、山口百恵さん(60)の楽曲を多く手がけたほか、麻丘めぐみ(63)の「わたしの彼は左きき」、キャンディーズの「年下の男の子」、内山田洋とクール・ファイブの「そして、神戸」などの作詞も担当した。「魔女っ子メグちゃん」(74年)、「ルパン三世」(77~80年)、「花の子ルンルン」(80年)などのアニメ主題歌も作詞をした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ