Wキャスト宮野真守&蒼井翔太、オーディション突破での主役にファン「観る価値あるじゃん!」

 人気声優で俳優としても活躍中の宮野真守(36)と蒼井翔太(31)が、名作ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」に出演し、Wキャストで主人公のトニー役を演じることが26日に発表され、話題となっている。

 同作は1950年代の米国を舞台に、対立する移民グループにいながら惹かれ合うトニーとマリアの純愛を情熱的に描く作品。61年公開の映画版も大ヒットした。公演は東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で、11月6日に開幕(来年1月13日まで)。

 ツイッターでは「ウエストサイドストーリーのキャストスゴすぎでしょ……」「ウエストサイドストーリー大好きなので観にいきたいとは思ってたけどまじか」「ウエストサイドストーリーでマモちゃんと蒼井くんW主演とかいう凄い字面を見た気がするが寝ぼけてるのかな私は」「しょーたんとマモがダブルキャストでウエストサイドストーリーのトニー役!!すごっ!!」と、宮野と蒼井のWキャストに驚きと歓喜の声が続々と上がった。そして「ウエストサイドストーリーのミュージカル どっちを選ぶべき? 二回行きたいけどお金が」と、双方のファンであるが故の悩みをつぶやくものも。

 今回の発表では、宮野と蒼井がプロを中心とした精鋭数百人のオーディションを突破して主役の座を勝ち取ったことも話題に。「オーディションで勝ち取ったの!?!?宮野さん!!!!!ウエストサイドストーリー主演おめでとうございます」「てか、ウエストサイドストーリーのキャストってオーディションだったの? それで主演勝ち取ったしょーたんとマモちゃんって…観る価値あるじゃん!」と祝福の声も上がり、ファンたちは開幕を楽しみにしている。

 また、IHIステージアラウンド東京は、舞台中央にある1300人収容で円形の客席が回転する日本唯一の劇場となっており、斬新な演出にも注目が集まっている。ヒロインのマリア役は、女優の北乃きい(28)と笹本玲奈(34)のWキャストとなっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ