弁護士が指摘、“闇営業”騒動「損害賠償に発展する可能性も」

 吉本興業のお笑い芸人が反社会的勢力の会合に事務所を通さず出席する“闇営業”をした問題で、同社は24日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11人を当面の間、謹慎処分とした。聞き取り調査の結果、全員が一定の金銭を受け取っていたことが認められ、処分が決定。

 反社会的勢力の会合に“闇営業”で出席していた今回の騒動について、元東京地検検事の田中喜代重弁護士(栄和法律事務所)は、タレントが直接誰かをだますなどの利益供与に関与したとはみられないことから「にわかに刑事罰につながることはなさそう」と推測した。一方、「民事は反社会的勢力との交際には厳しい。責任が問われることはあり得る」と指摘。テレビ局などでは早速、謹慎となった芸人の出演場面のカットや番組差し替えなどの対応に追われており、「今後は損害賠償に発展する可能性が当然ある。謹慎処分では済まないのではないか」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ