“闇営業”宮迫博之ら11人が謹慎処分、金銭授受あった

 会社を通さず仕事をする“闇営業”で反社会的勢力のパーティーに参加した問題で吉本興行は24日、雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら11人の芸人をこの日から当面の間、活動を停止し、謹慎処分とすることを発表した。会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたためと説明している。

 処分されたのは宮迫、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)、レイザーラモン・HG(本名・住谷正樹、43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、ザ・パンチ・パンチ浜崎(38)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、2700・八十島宏行(35)、2700・常道裕史(36)、ストロベビー・ディエゴ(41)の11人。全員が6日に契約解消されたお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)の仲介で反社会的勢力のパーティーに参加していた。

 宮迫は所属事務所を通じ「詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」と謝罪した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ