“リアル左門豊作”!? カンニング竹山のツイートが話題 ネット「実写版いける!」

 お笑い芸人のカンニング竹山(48)が21日に自身のツイッターにアップした1枚の画像がネットをにぎわせている。

 写真は20日に行われた日本生命セ・パ交流戦のソフトバンクホークス対ヤクルトを神宮球場で観戦する竹山の姿を収めたもの。竹山はソフトバンクのユニホームを着用し、「昨夜も左門豊作」とツイートした。この画像をフォロワーが「実写版いける!」「似すぎwww」「左門感しかない」「次は小さな子供たち引き連れて行って下さい」「貫禄~」などと絶賛している。

 左門とは、野球漫画・アニメ「巨人の星」の主人公、星飛雄馬のライバルの1人。アンコ型の体型と黒縁の丸メガネが印象的なスラッガーで、作中では大洋(現DeNA)に所属していた。

 この投稿には前段がある。竹山は19日にも同カードを球場で観戦。そのときは南海ホークス時代のユニホームを着用し、その画像とともに「ソフトバンクホークス様、私のせいではございますが以前に作って頂いた南海バージョンのユニホーム、もうこのようにパンパンです。門田さんよりパンパンです。全て私の不徳の致すところところです」(原文ママ)とツイートした。

 するとその画像にフォロワーが反応。ツイッターの返信欄には「左門豊作?」「門田さんというか左門豊作さんに寄ってます」「あまりにも左門過ぎて笑う」などのコメントが殺到した。

 21日の投稿では恰幅のよさを強調するなど、“左門感”をアピールした竹山。応援するソフトバンクは21日から交流戦優勝をかけて東京ドームで巨人と対戦するため、ツイッターでは「今日はドーム?」と期待感が高まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ